FBの方にはUPしましたが、改めて。。。完成です。
IMG_1788.jpg

IMG_1795.jpg

IMG_1796.jpg
この角度が一番好きだったり。

IMG_1797.jpg

IMG_1798.jpg
垂直尾翼のピトー管は、ファインモールドの真鍮製のに替えてあります。

IMG_1794.jpg
やっぱ満載ですよ。満載!

IMG_1799.jpg

さー、ちゃっちゃとホーネット終わらせますかね。
既に完成してるんですが、記事が追いついてません(汗)
IMG_1773.jpg
デカール貼って、こんな感じ。
やっぱりファントムには派手なマーキングが似合います。

IMG_1777.jpg
吊るしモノ好きなので、色々と。
どれもエデュアルドブラッシンのやつです。
AIM-9Bは、フューリーの方に搭載します(前回のF-86のときに余ってたもの)。

IMG_1785.jpg
こちらはクラスター爆弾。
キネティックのプラウラーを買ったら、中に武装ランナーが入ってました。
同社のイントルーダーのランナーと共通なんでしょう。
せっかくなので使いました。
MER(マルチプルエジェクターラック)も付属してたのでそれも。
これで兵装満載にできます。
個人的には、ファントムのパイロンを余らせるなど言語道断(笑)
なので、増槽だろうが何だろうが、いつも満載にさせるのであります。
IMG_1755.jpg右がキットのノズル。左がエデュアルドのノズル。
さすがにキットのを使う気にはならないですね。
キットも古いですし、アカデミーのが出た今となっては、ハセの48ファントムはお払い箱かも。。。

IMG_1762.jpg
エデュのノズルパーツには、良い出来の着艦フックもセットされてますので、これに取り替えます。

IMG_1760.jpg
細かいところですが、垂直尾翼の赤いライトは透明ランナーを使って透明化しました。でも尾翼は赤く塗装しちゃうので目立たないかも。

IMG_1767.jpg
マスキングしつつ塗装。

IMG_1770.jpg
使うデカールは、こちら。
尾翼の赤いレッドデビルズのマーキングです。
でもこのマーキング、博物館に収容されている機体のマーキングで、コーション類が可動機と違っていたり、省略されてたりするんですよね。運用中な感じで作りたいので、コーション類はハセのデカールから色々チョイスすることにします。
すっかりブログさぼっちゃいました(汗)
一応、順調に進んでいます。

IMG_1757.jpg
胴体中央にあるインテーク。
キットのままのパーツは、後方のエッジがきつすぎだったので、ヤスって丸めました。
インテークリップも薄めに加工。

IMG_1765.jpg
で、塗装。
上面はグレーFS16440で。下面はホワイトFS17875。

IMG_1774.jpg
現在はこのあたりまで。
デカールはコーション類がほとんど無いので、ジャンクデカール(主にセイバーとファントム)から色々みつくろって貼ってあります。

それにしても、フューリー、ファントム、ホーネットの3機を同時に始めたのに、ホーネットだけがちっとも進んでません。48の異機種3機同時進行は、さすがに無理がありましたね。。。フューリーとファントムが終わってから、ホーネットをやりましょう。そして、ホーネットが終わったら、来年の静岡に向けたアイテムをやるつもりです。
IMG_1676.jpg
というわけで、2機目の海軍機はF-4S。ハセ48です。
ボックスの写真はロービジ塗装ですが、派手なマーキングでいきます。
ファントムはやはり、派手な塗装が似合いますよね。

IMG_1691.jpg
さっそくリベット。特に尾翼はアッサリとしたモールドだけなので。。。

IMG_1693.jpg
今回のリベット打ちには、これを活用してみました。
案外重宝しますよ。

IMG_1706.jpg
インテーク側面のアンテナ。
なんか出っ張り過ぎじゃね?ということで、

IMG_1707.jpg
修正してみました。どんなもんでしょ?

IMG_1713.jpg
コクピットは、いつものエデュアルド。

IMG_1715.jpg
パイロンは全て凸彫りなので、凹彫りに直します(面倒)。
ハセさん、凹モールドに改修するときに、一緒にやってくれればよかったのに。。。

IMG_1716.jpg
外翼パイロンは手直ししました。
上がキットのまま。下が改修したもの。
IMG_1737.jpg
下がキットのまま。上が手を加えた後。
穴を開けてみたり、モールドを追加したり。
リベットも増やしてみました。

IMG_1710.jpg
コクピットはあっさりしすぎなので、プラ材やジャンクパーツでそれらしく。
世傑を見ながらやってみました。
シートはグランドフェニックスのものからチョイス。

とりあえず、次はファントムの記事いきます。
ようやく涼しくなり、模型製作のモチベーションが上がってきましたよ。
ブログ活動がしばらく放置になってましたが、ここから再開です。
IMG_1689.jpg
で、このところ複葉機ばかりで、ジェットを作れば全て空軍機というありさま。
海軍ジェット好きとしては、海軍成分が著しく不足。。。
よほど不満が溜まって(?)いたのか、一気に3機も着手しちゃいました(汗)

IMG_1675.jpg
まずはFJ-4フューリーから紹介していきます。
ホビーボスの48。入手できる48キットとしては唯一です。
簡易ではグランドフェニックスがありましたが、絶版になって久しいですね。
そのグランドフェニックスのキット(持ってたので)と比べてみると、ホビーボスのは、それを大いに参考にしているのが分かります(コピーともいう(笑)。
が、FJ-4なのに、モノはFJ-4Bです。。。ホビーボスからはFJ-4Bも出てますので、ただ単に付属のデカールが違うというだけのもの。キット内容はどちらも全く同じです。やれやれ。

IMG_1708.jpg
とりあえず、セイバーと比べてみました。
FJ-2では、まんまセイバーを艦上機にしました、という感じでしたが、FJ-4ともなると別の機体になってますね。

IMG_1709.jpg
主翼は艦上機らしくなってますね。
上がセイバー、下がFJ-4です。

IMG_1688.jpg
さて、ファインモールドのご機嫌クリーナーで離型剤を落として製作開始。
まずはキットがFJ-4Bなので、これをFJ-4にしなくてはなりません。
翼下パイロンは、FJ-4Bでは6カ所ですが、FJ-4では4カ所です。
なので、一番内側のパイロン取り付け穴を埋めます。
ここは伸ばしランナーを差し込んで処理。

IMG_1718.jpg
外見上の大きなところでは、FJ-4Bは機体後部下面にエアブレーキが左右2カ所増設されてます。
FJ-4には無いので、エアブレーキのモールドを削り落とします。

IMG_1719.jpg
削り落としてすっきり。スジ彫りも加えます。

IMG_1720.jpg
機銃口は開いてなかったので開口。
バレルも再現しました。

IMG_1721.jpg
が、正面から見ても、全くよくわからないという。。。