上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.04.10 Mig-31 その1
アヴァンギャルドの1/48 Mig-31です。
ろくな画像が残っていないので、あまり制作記という感じにはなりませんが。。。
まあ、合いは抜群で、きちんとすり合わせすればパテはほとんど必要ないです。
大物ですが、かなり作りやすいキットですね。オススメです。
IMG_4521.jpg
エンジンを組み立てていきます。

IMG_4518.jpg
給油プローブ収容部はクリアパーツになってます。
実機では窓のようなものが付いてます。

IMG_3557.jpg
キティホークのMig-25とは大違い。
とても作りやすく、パテもほとんど必要なし。

IMG_3884.jpg
翼下に吊るすミサイルは、Fru-Fru model のレジンパーツを使いました。
スポンサーサイト
2017.04.09 Mig-25 その3
というわけで完成しております。
IMG_4026.jpg
文句なしの格好よさ。

IMG_4024.jpg

IMG_4025.jpg
でかいノズルがまたそそります。

IMG_4023.jpg
この大型のAAMがMig-25を引き立てますね。

IMG_4022.jpg

IMG_4028.jpg
横からのアングルも良いですね〜。
ICMからは偵察型もリリースされて、旧ソ連機ファンにはたまらない状況になってきました(笑)。ソ連版ワイルドウィーゼルのBM型とか出たら最高なんですが(この様子だと、多分出るでしょう)。

さて、次回もロシア機です。
実はこのMig-25と同時進行で作ってたのがあるんです。



2017.04.06 Mig-25 その2
IMG_3796.jpg
コクピット。エッチングのシートベルトが付属してます。
まあキャノピー閉じたらロクに見えないですが(笑)。

IMG_3552.jpg
インテーク周辺の合いはイマイチ。。。
組み立てもイマイチよく分からないので、要注意部分です。

IMG_3685.jpg
機首形状が若干実機と違うような感じですが、十分ですね。
それにしてもデカイ!!

IMG_3977.jpg
水平尾翼の作動部が再現されているのは良いところ。
退色表現は、スミ入れの拭き取り具合で再現してみました。

IMG_3999.jpg
デカール貼り完了です。

2017.04.04 Mig-25 その1
ブログをずいぶん長く放置してしまいました。
実は前回の更新後にPCがイカレてしまい、新PCに交換したものの、ブログのIDとPASSがさっぱり分からなくなり、自分のブログなのに管理画面に入れないという状況に。。。。もう諦めて新しいブログを作るかと思ってたんですが、IDとPASSを記したメモが発見できたので、また更新できることになりました。

以下、あまり画像が残ってないんですが、これまでに製作したものを記事にしていきます。
さて再開第一弾は、キティホークの1/48、Mig-25です。
これまでは48だとレベルの古〜いキットだけだったんですが、ようやくまともなMig-25が48で作れます。問題も色々あるんですが、レベルのを苦労して作るよりは10倍以上マシでしょう。

IMG_4520.jpg
垂直尾翼、エアブレーキのあたりは隙間が空いてしまうので、ポリパテやプラ板のお世話になります。

IMG_4516.jpg
タイヤは何故か貫通している上に穴が大きくて緩いので、その辺りを修正しました。

IMG_4522.jpg
機首。重りが付属してますが、全然足りないので追加しないとダメです。

IMG_4517.jpg
ミサイル。左がキットのまま。フィンの形が変なので修正します。
右が終生後。

IMG_4525.jpg
垂直尾翼とノズルが干渉するので修正。

IMG_4523.jpg
機体下面もポリパテのお世話になります。

IMG_4519.jpg
脚は金属部品が中心に入ります。この配慮は嬉しいですね。

IMG_4524.jpg
主翼。バリエーション展開のためか、分割が面倒です。
整形するとモールドが消えてしまうので、筋彫り仕直し必須。






IMG_1822.jpg
削り終わって、とりあえず仮組み。
この時点で既に格好良いですねぇ(笑)

IMG_1829.jpg
シートは、今回エアのシービクセンからチョイス。
左はキット付属のメタル製シート。
エアのシービクセンからは、他にも増槽やデカールなどを流用します。

IMG_1828.jpg
コクピット。
メタル製シートのための出っ張りがありますが、

IMG_1830.jpg
出っ張りは切り飛ばして、プラ板で埋めます。

IMG_1837.jpg
機体下面の機関砲部。
エバーグリーンのプラパイプを埋め込んで整形。
4門ある機関砲口のうち、内側の2門は埋めます(機関砲2門だけにした機体が結構あるようなので)。

IMG_1838.jpg
胴体上面のエアインレットを開口。
プラ板で裏打ちします。

IMG_1836.jpg
着艦フック収納部をデッチアップ。
資料を見つつ、雰囲気で(笑)
明けましておめでとうございます。
今年も宜しく御願い致します。

新年第一作目は、ダイナのシミターです。
超久々のバQキットでございます。
IMG_1817.jpg
よくできたキットなので、バQ入門には最適。
値段がお高いのがネックですが。。。

IMG_1818.jpg
箱を開けてみると、お手付きです。
やろうとしてたんですね。いつ手を付けたのか覚えてません(汗)
胴体に補強が入ってますね。バQは補強をしないと大変なコトになりますから。

IMG_1819.jpg
用意した資料は、この2つ。後はネットで検索です。

IMG_1812.jpg
バQといったらパーツの削り出しが第一のお仕事になります。
うちでは角材にペーパーを貼付けて使用します。
黒いのが120番。グレーが400番。この2種類。

IMG_1813.jpg
太陽に透かしたパーツ。
パーツはフチの部分を2ミリほど残して切り出します。
でもって、120番でガシガシ削ります。
ものすごく削り粉が出て、粉塵爆発する可能性が高いので注意(嘘)

IMG_1814.jpg
削り進めると、このように余白が薄くなってきます。
このあたりで400番に切り替えて、仕上げに入ります。

IMG_1816.jpg
400番で削り進めると、このように余白が切れてきます。

IMG_1820.jpg
こうなったら削りは完了です。
このシミターのキットで、全部のパーツを削り出すのに、かなり慎重にやったとしても、一日あれば余裕で削り出しは終わります。削りに慣れてしまえば半日で終了も可能でしょう。ただ、削り粉が結構出てしまうのが難点ですね。私はいつも屋外で削ってます。室内で削る際は、ゴミ箱を抱えて削ると良いかも(笑)
IMG_1802.jpg
こちらも完成しております。

IMG_1800.jpg
ファントムに比べると、吊るしモノは可愛いもんです。
FJ-4Bなら、ブルパップとか吊るすんですけどね。

IMG_1801.jpg
右主翼のピトー管は、ファインモールドのセイバー用を流用。
キットのはあまりにも太くて、使う気になりませんでした。

IMG_1805.jpg
セイバーとの比較。

IMG_1806.jpg
フューリーは主脚間が広くなっていたり、全脚が長かったり、
セイバーとは似て非なる感じですね。

IMG_1807.jpg
やっぱオールドジェットは格好良いですわ〜。

で、ホーネットなんですが、士の字にしたのはいいんですが、そこで何かコレじゃない感が湧いてしまい。。。そのまま箱にしまってしまいました(汗)。またホーネットに対してテンションが上がったら再開しようと思います。てことで、次回からシミター開始です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。