上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく涼しくなり、模型製作のモチベーションが上がってきましたよ。
ブログ活動がしばらく放置になってましたが、ここから再開です。
IMG_1689.jpg
で、このところ複葉機ばかりで、ジェットを作れば全て空軍機というありさま。
海軍ジェット好きとしては、海軍成分が著しく不足。。。
よほど不満が溜まって(?)いたのか、一気に3機も着手しちゃいました(汗)

IMG_1675.jpg
まずはFJ-4フューリーから紹介していきます。
ホビーボスの48。入手できる48キットとしては唯一です。
簡易ではグランドフェニックスがありましたが、絶版になって久しいですね。
そのグランドフェニックスのキット(持ってたので)と比べてみると、ホビーボスのは、それを大いに参考にしているのが分かります(コピーともいう(笑)。
が、FJ-4なのに、モノはFJ-4Bです。。。ホビーボスからはFJ-4Bも出てますので、ただ単に付属のデカールが違うというだけのもの。キット内容はどちらも全く同じです。やれやれ。

IMG_1708.jpg
とりあえず、セイバーと比べてみました。
FJ-2では、まんまセイバーを艦上機にしました、という感じでしたが、FJ-4ともなると別の機体になってますね。

IMG_1709.jpg
主翼は艦上機らしくなってますね。
上がセイバー、下がFJ-4です。

IMG_1688.jpg
さて、ファインモールドのご機嫌クリーナーで離型剤を落として製作開始。
まずはキットがFJ-4Bなので、これをFJ-4にしなくてはなりません。
翼下パイロンは、FJ-4Bでは6カ所ですが、FJ-4では4カ所です。
なので、一番内側のパイロン取り付け穴を埋めます。
ここは伸ばしランナーを差し込んで処理。

IMG_1718.jpg
外見上の大きなところでは、FJ-4Bは機体後部下面にエアブレーキが左右2カ所増設されてます。
FJ-4には無いので、エアブレーキのモールドを削り落とします。

IMG_1719.jpg
削り落としてすっきり。スジ彫りも加えます。

IMG_1720.jpg
機銃口は開いてなかったので開口。
バレルも再現しました。

IMG_1721.jpg
が、正面から見ても、全くよくわからないという。。。
IMG_1424.jpg
MICAを2種類。レーダーとIRです。

IMG_1433.jpg
でもって搭載。
最近の写真を見ると、マトラ・マジックは翼端に装備されておらず
MICAのIRタイプが搭載されるのが標準のようです。
前縁スラットが下がって、収納される部分が見えてます。
実機では、ここはかなり汚れているので、エナメルのダークグレイを
流して、粗く拭き取っただけにしました。

IMG_1425.jpg
で、完成であります。

IMG_1426.jpg
この角度、なかなか好きです。
機体のデザインは、ユーロファイターよりも良いと思いますよ。

IMG_1431.jpg


IMG_1430.jpg
下面。
増槽は、M型のキットには先の丸いタイプのみがセットされてます。
資料では先の尖ったタイプが多く見られるので、空軍型のキットから
先の尖った増槽を拝借してきました。

IMG_1434.jpg
キャノピーは開けられるようにもしてみました。
IMG_1412.jpg
オレオ部分に、ハセガワのミラーフィニッシュを使ってみました。
なかなかいい感じ。これだけでも雰囲気変わりますね。

IMG_1418.jpg
塗装も済み、デカールも貼りました。

IMG_1419.jpg
機体のカラーリングは、レベルの取説だと、何だかよくわかりません。
FSナンバーで指定されていれば判るのに。。。
ゾッツのデカールのガイドに、FSナンバーがあったので、それを参考にしましたよ。
機体がFS36320、レドームがFS36375でした。

IMG_1421.jpg
機体下面。

IMG_1422.jpg
機首の給油プローブは、キットのまま接着すると
このように下を向いちゃいます。
これでは激しく格好悪い。

IMG_1423.jpg
部品の根元を削って角度を変えて取り付けました。
ちゃんと前を向きましたネ。
デジカメが入院中なので、画像がありません(汗)。

製作状況ですが、既に士の字になってます。
いや、カナードだから土の字かな?(笑)
ただいま主翼と胴体の段差消しの最中。
キットの取説ではここまででカナードの取り付けを終わっているはずですが
今回はカナード後付けなので、まだ取り付けてません。

主翼が終わったので胴体に着手。
rafale-7.jpg
キットの胴体後部。こんな感じ。

rafale-8.jpg
アフターパーツのチャフ・フレアディスペンサーを組み込みます。

rafale-9.jpg
機首は、キットでは右のパーツが付きますが
左のようにスムースなスタイルの機首に。
とりあえず、次なる製作モノはコレ。
rafale-1.jpg
レベルの傑作1/48キットです。
ユーロファイターに比べると人気がいまひとつなようですが
私は好きな機体です。
海軍好きなので、もちろん空母搭載のラファールMをチョイス。

rafale-2.jpg
で、私にしては珍しく、アフターパーツを色々と買ってみました。
ウルフパックのものです。
これは前縁スラットなど。

rafale-3.jpg
こちらはレドームや翼端ランチャーなど。
試作機ではなく、量産型にするためのパーツです。

rafale-4.jpg
まず主翼から組み込んでみました。
指定通りにキットの主翼を切り欠いて、パーツをフィットさせます。
フィッティングは、かなり良いですよ。

rafale-5.jpg
裏側。
翼端は削り過ぎたため、プラ板で補修してあります。

rafale-6.jpg
キットのままの主翼と比較。
ランチャー部分は簡素化されてますね。
2009.01.23 F-14B その2
f14-3.jpg
ゆるゆると進行中です。
ようやくコクピットが完成。いつも通りにキットのまま。

f14-4.jpg
胴体とコクピット部の合いが、多少悪かったですよ。
まあ大問題になるほどではなかったので大丈夫。
それにしてもこのキット、金型がヘタってきているようで、パーツのバリが・・・。

f14-5.jpg
だいぶいい感じになってきました。
そろそろ塗装に入れるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。