上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1676.jpg
というわけで、2機目の海軍機はF-4S。ハセ48です。
ボックスの写真はロービジ塗装ですが、派手なマーキングでいきます。
ファントムはやはり、派手な塗装が似合いますよね。

IMG_1691.jpg
さっそくリベット。特に尾翼はアッサリとしたモールドだけなので。。。

IMG_1693.jpg
今回のリベット打ちには、これを活用してみました。
案外重宝しますよ。

IMG_1706.jpg
インテーク側面のアンテナ。
なんか出っ張り過ぎじゃね?ということで、

IMG_1707.jpg
修正してみました。どんなもんでしょ?

IMG_1713.jpg
コクピットは、いつものエデュアルド。

IMG_1715.jpg
パイロンは全て凸彫りなので、凹彫りに直します(面倒)。
ハセさん、凹モールドに改修するときに、一緒にやってくれればよかったのに。。。

IMG_1716.jpg
外翼パイロンは手直ししました。
上がキットのまま。下が改修したもの。
スポンサーサイト
IMG_1737.jpg
下がキットのまま。上が手を加えた後。
穴を開けてみたり、モールドを追加したり。
リベットも増やしてみました。

IMG_1710.jpg
コクピットはあっさりしすぎなので、プラ材やジャンクパーツでそれらしく。
世傑を見ながらやってみました。
シートはグランドフェニックスのものからチョイス。

とりあえず、次はファントムの記事いきます。
ようやく涼しくなり、模型製作のモチベーションが上がってきましたよ。
ブログ活動がしばらく放置になってましたが、ここから再開です。
IMG_1689.jpg
で、このところ複葉機ばかりで、ジェットを作れば全て空軍機というありさま。
海軍ジェット好きとしては、海軍成分が著しく不足。。。
よほど不満が溜まって(?)いたのか、一気に3機も着手しちゃいました(汗)

IMG_1675.jpg
まずはFJ-4フューリーから紹介していきます。
ホビーボスの48。入手できる48キットとしては唯一です。
簡易ではグランドフェニックスがありましたが、絶版になって久しいですね。
そのグランドフェニックスのキット(持ってたので)と比べてみると、ホビーボスのは、それを大いに参考にしているのが分かります(コピーともいう(笑)。
が、FJ-4なのに、モノはFJ-4Bです。。。ホビーボスからはFJ-4Bも出てますので、ただ単に付属のデカールが違うというだけのもの。キット内容はどちらも全く同じです。やれやれ。

IMG_1708.jpg
とりあえず、セイバーと比べてみました。
FJ-2では、まんまセイバーを艦上機にしました、という感じでしたが、FJ-4ともなると別の機体になってますね。

IMG_1709.jpg
主翼は艦上機らしくなってますね。
上がセイバー、下がFJ-4です。

IMG_1688.jpg
さて、ファインモールドのご機嫌クリーナーで離型剤を落として製作開始。
まずはキットがFJ-4Bなので、これをFJ-4にしなくてはなりません。
翼下パイロンは、FJ-4Bでは6カ所ですが、FJ-4では4カ所です。
なので、一番内側のパイロン取り付け穴を埋めます。
ここは伸ばしランナーを差し込んで処理。

IMG_1718.jpg
外見上の大きなところでは、FJ-4Bは機体後部下面にエアブレーキが左右2カ所増設されてます。
FJ-4には無いので、エアブレーキのモールドを削り落とします。

IMG_1719.jpg
削り落としてすっきり。スジ彫りも加えます。

IMG_1720.jpg
機銃口は開いてなかったので開口。
バレルも再現しました。

IMG_1721.jpg
が、正面から見ても、全くよくわからないという。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。