上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静岡帰還後の製作第一弾は、F-86Fです。
IMG_1563.jpg
ハセガワ1/48サンダータイガー
F-100と同じく、台湾空軍仕様です。
台湾シリーズでは、あとF-86Dを予定してます。

IMG_1547.jpg
ハセガワの好キット。
さほど困る部分は無いでしょう。

IMG_1564.jpg
コクピットは例によって、エデュアルドのエッチング。

IMG_1565.jpg
インテーク部に少し段差ができたのでヤスリがけ。
あっという間に士の字までいきそう。
スポンサーサイト
IMG_1523.jpg
年に一度の祭典、ホビーショーに参加してきました。
ものすごい人、人、人。。。
『ははは!見ろ、人がゴ(略』

とても全部は紹介できないので、ほんの一部を。
IMG_1490.jpg
日の丸航空隊さんの作品。
博物館に収蔵されている機体を、そのままに再現。
こういうの、面白いですね。

IMG_1492.jpg
腹ペコ山男さんの山本玲ちゃん。
実に格好良いです〜。
それと、素晴らしいジブリ3人娘のヴィネットがあったのに、なぜ撮ってないんだ俺 orz

IMG_1494.jpg
人口精霊さんのBM看板娘。
BM10周年なので10人です。メルダ欲しかったなー。

IMG_1495.jpg
マルボロマンさんの1/32ルンプラー。
ローゼンジは手書きです。すごいです。

IMG_1502.jpg
ドカ山さんのシービクセン。
元はフロッグのキット。良い感じに仕上がってます。
あのフロッグがカタチになっているだけでもすごいのに。

IMG_1503.jpg
so-sukeさんのF-101。
これ、なかなか良いんです。ミサイル庫も、くるくる回ります。

IMG_1504.jpg
COLT-Tさんのブロンコ。
ブロンコの良さを改めて認識しました。良いです。

IMG_1496.jpg
toyさんのフェリックストゥ。
木目の塗装といい、張り線といい、細部の工作といい、どれを取っても素晴らしいのです。これを見れたのは本当に良かった。ここまで出来るのだなあ、と感心しきりでした。

IMG_1517.jpg
かぽうさんのハイパーX。
スクラッチなんですが、工作が素晴らしいのです。
これは格好良いし、細部にも感心しました。

IMG_1519.jpg
れぶなんとさんの作品。
BMメンバー全員の名前が主翼に入ってます。
これはやられましたね。

IMG_1522.jpg
ヒロシさんの格好良いアイアンマン。
多くの人が撮影していた人気ナンバーワンの作品でした。
LEDで光ってます。

IMG_1529.jpg
appletreeさんのホテルアドリアーノ。
素晴らしい作品です。建物の中まできっちり作られていました。
本に載ってもおかしくないでしょう。

IMG_1511.jpg
お隣YDCCさんのブースにあった作品。
VF-25メサイアのバトルダメージ。
これ、結構気に入りました。

IMG_1513.jpg
これもYDCCさんのブースにあった作品。
格好良かったです。

IMG_1516.jpg
これは他のブースにあった民間型のベア。
何だか惹かれるものがありました。

IMG_1535.jpg
これはまた別のブースにあったラテコエール。
レジンキットらしいですが、作ってみたくなりました。


フェリックストゥと死闘を繰り広げた水上機、完成です。
IMG_1548.jpg
支柱を自作しなければならない以外は、さほど難しくはなかったです。

IMG_1549.jpg
ローゼンジ迷彩は、キット付属のデカールを貼りました。
基本的に貼り易かったですが、マークソフターを使ったら、くちゃくちゃになりかけて焦りました。

IMG_1550.jpg
尾翼の形状が良いのです。

IMG_1554.jpg
後部機銃は、キットのものはさほど出来がよくなかったので、
ミニワールド製の金属製のものに替えてあります。
エッチング製のドラム弾庫が付属してたんですが、製作に失敗したため、
別のキットからチョイスしました。

IMG_1557.jpg
ほとんど張り線が無く、大丈夫なのか?という感じ。
でも傑作水上機なんですよね。

ちなみに、静岡直前に大破して(バラバラ)、泣きながら補修したんです(汗)。
画像は補修後の姿です。
もうすぐ静岡ですね〜。実に楽しみ。
IMG_1484.jpg
機首右側には機銃が付きますが、取り付け場所のモールドがあるだけ。
このまま機銃を付けると、おかしな角度になります。
なので、ノミで少し掘っておきました。

IMG_1485.jpg
胴体下支柱の取り付け。
先に接続したフロートに合わせながら位置決めしました。

IMG_1486.jpg
脇の支柱は、こんな感じで付きます。
レジンパーツに合わせて作りました。

IMG_1487.jpg
が、実際にフロートと合わせると、これが合わない。。。
仕方ないので、支柱の角度を調整し直し、一部作り直して合わせました。

IMG_1488.jpg
外側の支柱も、やっぱり合わないのでやり直し。
やはり事前にレジンパーツに合わせて作っておいたんですが、
合わないということはレジンが変形、あるいは収縮していたということですかね。

現在は上翼を乗せたところで、あとは機銃とプロペラ。
張り線は4本しかないので、あっという間に終わります。
完成記事は、出かける前にUPしようか、それとも帰ってからにするか。。。

c-3.jpg
フェリックストゥのお供にと買っておいた
ハンザ-ブランデンブルグW.12です。
CMRのレジンキット。
パーツを見る限りは良かったんですが。。。

IMG_1470.jpg
レジンの材質が柔らかく、支柱はほとんど使い物にならず。
この点、コロジーのはレジンが硬めで良かったなぁ。。。
仕方ないので真鍮パイプを叩いて平板にして、支柱を自作。
初めてハンダ付けをしましたが、うまくいったようです。
ハンダ工作も、色々試してみないといけませんね。

IMG_1469.jpg
エンジンとコクピットを製作。
ちょっとだけデッチアップなど。

IMG_1472.jpg
胴体上面は綺麗に接着できましたが、
下面は盛大に段差が。。。
プラ板を貼って段差を解消します。

IMG_1473.jpg
フロートの接続。
ここも真鍮パイプから作ったパーツを渡します。

まあ、さすがに静岡には間に合わないでしょう。。。

GW中は、ほとんどネット活動をしませんでした。
ブログもフェイスブックも放置(^^;;
模型製作はしてましたが、画像は撮ってません。。。

IMG_1458.jpg
というわけで、いきなり完成です。
機首のピトー管は真鍮製のものに代えました。

IMG_1459.jpg
デンマーク空軍にしようかと最後まで悩みましたが
最終的に台湾空軍機にしました。

が、

台湾空軍のはD型じゃなくてA型でした。。。
作ってから気が付くというお粗末さ(滝汗)
IMG_1462.jpg
トラペキットの形状には不満点もありますが
とりあえずF-100にしか見えないので、個人的には許容範囲。

IMG_1461.jpg
機首だけ見ると、マーキングも相俟って
シュペルミステールな雰囲気。

IMG_1465.jpg
主翼と尾翼、銀を変えてあるのが分かりますかね?

IMG_1468.jpg
エンジン部の焼け付き感は、最初エアブラシで暗色銀を吹いて
タミヤのウェザリングマスター各色を使って表現してみました。

IMG_1467.jpg
次はF-86の台湾空軍仕様でも作ろうかな、と思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。