上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完成しました!
IMG_1393.jpg
初の大物張り線でしたが、どうにか完成にこぎつけました。
あまりに主翼が長過ぎて、どう撮ったらいいか困っちゃいます(汗)

IMG_1394.jpg
この胴体のイカレタ模様(笑)が素晴らしい。
とても実機にあったとは思えないところが何とも。

IMG_1396.jpg
尾翼の張り線は、間違えちゃいました。。。

IMG_1397.jpg

IMG_1399.jpg

IMG_1400.jpg
エンジンの支柱は、一部プラ材で自作。
張り線は、ゆるんだところができちゃいましたね。。。

IMG_1401.jpg
いずれ、もう一機作りたいと思っているので
次は今回よりもマシな出来にしたいもんです。

それにしても、複葉機は好きではあったんですが、作りたいけど張り線超面倒くさいなあ〜、なんて思ってました。それにジェットが好きだったんで、面倒い複葉機は避けてジェットばかり作る日々。そんなとき複葉機に傾いたのは、エア72のブリストル・ブルドッグを作ったときですね。5年前、yoshiyukiさんのブログ見ながら張り線しました(ヒートンと資料も頂いてしまいました)。ブルドッグはいま見ると非常にマズい出来ですが(今も自慢できるような腕前ではないですが(汗)、張り線第一号の記念すべきもので、今でもちゃんと飾ってあります。ブルドッグは、いずれ再チャレンジしたいもんです。あれから複葉機って、意外に作れるんじゃね?と思い、徐々に張り線の世界へとハマり込んだワケですよ。

しかし作り始めると複葉機って、けっこう魅力的な機体が多いですよね。張り線をやり始めて、あの機体もいいな、これもいいな、なんて思うようになりました。おかげで在庫が着々と増えてます(笑)。いま気になっているのが、ローゼンジ迷彩のドイツ機。もちろん塗装するとかいう大変なことは考えず、デカール貼って済ませたい派なので、現在ローゼンジデカールを物色中であります。

スポンサーサイト
先日は急に歯が痛くなって、歯医者のお世話になり、
今日は副鼻腔が炎症を起こして、アタマがぼうっとなって耳鼻科に行きました。
こんな感じで、立て続けに病院のお世話になってます。
風邪にもなりましたし。。。

雪掻きのときの体力消耗の影響が、今になって出てきてるんでしょうか?
確かにあのときは、すぐにベルト穴ひとつ分、腹が凹みましたしね。

体の状態は悪いですが、フェリックストゥはじりじり進んでます。
IMG_1384.jpg
翼端部分の張り線。
ちなみに張り線は、釣具屋で一番安い0.4号のテグスを使ってます。

IMG_1385.jpg
張り終えたらテグスをエナメルの黒で塗りますが、糸と機体が接近しているところは、
このように間に紙を差し込んで塗ってます。こうしておけば、気にせず塗れますね。

IMG_1387.jpg
銃座の銃架は、キットパーツが太かったので、0.4ミリの真鍮線に置き換えました。
側面銃架も太めなんですが、そちらはキットパーツのままで。
作り替えると大変そうなんで。。。(汗)

IMG_1390.jpg
尾翼の操作索。
主翼に比べれば簡単ですが、途中で二股に分かれるのが面倒。
ここまでくれば、あとはプロベラと機銃とキャノピーだけです。
大雪のときの膨大な残雪の処理が、やっと終わりました。
ようやく安心して製作再開できます。

IMG_1380.jpg
張り線の準備。
糸だらけで訳がわかりません。。。(汗)

IMG_1382.jpg
上翼を乗せて。。。

IMG_1383.jpg
胴体付近から張っていきます。
張り線自体は、一本一本張っていくだけなんですが、
主翼が長大というのがクセものですね。
歪み易いというか何というか。。。
単発の複葉機とは勝手が違うので戸惑ってます。
うーん、どうなるでしょうか?
とりあえず、この休みで主翼は張り終える予定です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。