上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の製作は、飛行機10機にアニメもの6個という結果でした。
来年は、1ヶ月1機くらいのペースでいきたいですね〜。

IMG_1312.jpg
さて、いよいよ来年の静岡用のアイテムに着手です。
まずはこのフェリックストゥ飛行艇。
この何とも言えないカラーリングがそそりますね。
キット自体を組むのは、特に問題無さそうですが、最大の難関は異常に多い張り線。。。(滝汗)。通常の複葉機とは比べ物にならないほどの多さ。果たしてきちんと完成まで行けるのか?

IMG_1306.jpg
で、早速こんなところまで進めてます。
今回は、ある程度塗装しつつ進めるという、訳の分からない方法でやってます。
胴体中央の2本の白い棒は補強のプラ板です。補強と共に、胴体を若干広げる役割もしてもらってます。これは、このあと乗せる胴体上部パーツとの兼ね合いです。

IMG_1307.jpg
主翼を胴体に差し込むと、差し込む部分の隙間が空くので、ここはプラ板にて埋めます。

IMG_1308.jpg
胴体上部パーツとキャノピーを仮乗せ。
パーツ同士の合いは、わりと良好。
キット自体は特に苦労も無く組んでいけそう。これが組むのも四苦八苦するような代物だと、この時点で間違いなく放り出してますね(笑)
スポンサーサイト
2機完成です。
IMG_1274.jpg
こちらはエア。
マーキングはキット付属のものを使いました。

IMG_1275.jpg
基本的に組み易かったですが、カウリングが分割されていて、そこが少々やりにくい感じでしたね。

IMG_1276.jpg
すり合わせさえしっかりやれば、まったく問題無しです。

IMG_1277.jpg

IMG_1278.jpg
こちらはスウォード。
マーキングは Model Alliance の Wing of Silver Pt2 よりチョイス。

IMG_1279.jpg


IMG_1280.jpg

IMG_1281.jpg

IMG_1282.jpg
機首の比較。
右スウォード、左エア。
エアのカウリングのイボは、実機通りの感じ。
スウォードのはイボがはっきりしてますが、これはこれで良いかと。
機首のラインも違ってますね。

IMG_1284.jpg
2機の比較で気になったのが。。。

IMG_1285.jpg
コクピットと上翼の関係。
エアのは適度な間隔。

IMG_1286.jpg
スウォードのは、上翼がコクピットに近過ぎ。
まあ気になったのはそのぐらい。

どちらも良いと思いますが、やっぱり組み易さでは断然エアですね。
もちろん、ディテールも良いですし。
でも、スウォードのも悪くないと思います。
むしろ簡易にしては、上出来ではないかと。
グラディエーターの続きです。
既に完成してるんですが、記事のアップが遅れてます。。。
ちょっとゲームにハマってましてね(汗)
ちなみに、艦これ ではないです。

IMG_1251.jpg
エアのプロペラ。
取り付け部の軸がどうもよくなかったので、ジャンクパーツから適当な丸棒を挿しました。

IMG_1252.jpg
エアのタイヤ。
ちょっと角張っている感じだったので、ヤスって丸めました。
画像は丸めた後です。

IMG_1253.jpg
スウォードのタイヤ。なかなか良い感じ。

IMG_1256.jpg
スウォードのパーツ。
機首に取り付ける放熱板?か何か。
これがキャノピーや支柱に干渉するので、周りを切り飛ばして少し小さくしました。

IMG_1260.jpg
でもって張り線。これはエアのやつ。

IMG_1266.jpg
エアの翼下機銃のパーツ。
このままだと、銃身が若干主翼と干渉します。
銃身の出方もおかしいので、一旦切り離し。

IMG_1268.jpg
銃身位置を少し下に下げました。

IMG_1269.jpg
キャノピー比較。
右がスウォード、左がエアです。

次回は完成編ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。