g-13.jpg
エアは、胴体前部はパネルライン分割で、合わせ目ができない設計。
まるでガンプラのような親切さ。
胴体支柱が一緒に組み込めるのもGOOD!
これだけで随分と作り易くなります。
複葉機入門にぴったりではないかと。

g-12.jpg
キャノピーがちょっとキツかったので、キャノピー前部をヤスって調整。

g-14.jpg
スウォードの方は、胴体と下翼に隙間ができたので、プラ板を挟んで隙間埋め。

IMG_1248.jpg
銀塗装後、支柱組み込み。
今回は支柱の長さは足りているようで、ホッと一息。

IMG_1249.jpg
エアも銀塗装。
羽布と金属部分で銀を変えたのに、全く同じに見えるという失敗(汗)

IMG_1250.jpg
ちょっと比較。
スウォードの方が主脚柱が長いですね。。。
どちらが正しいんでしょうね?


スポンサーサイト
g-0.jpg
エアの最新キットのグラディエーターを作るのですが、
ついでなのでスウォードのキットも一緒に作ってみることにしました。

g-5.jpg
メーターパネル。
エアはメーターのモールドは無く、デカール表現。
楽でいいです(笑)
もっとも、キャノピー閉めるとほとんど見えませんが。

g-6.jpg
スウォードの方は、オーソドックス。
まあ十分かと。

g-7.jpg
エアの主翼。
さすがに繊細なモールドで素晴らしいです。
張り線用の穴まであります。これはいいですね。

g-8.jpg
スウォードの主翼。
こちらも十分に良い感じと言えるのでは。

g-11.jpg
エアの説明書には、張り線の指示が。
これは非常に助かります。
これを参考に、スウォードのも張り線します。

g-9.jpg
エアは排気管の穴も、ちゃんと開いてます。

g-10.jpg
でも翼下機銃はやや残念。
こちらはスウォードの方が出来はいいです。
銃身もレジンのが付いてますし。

g-15.jpg
スウォードのエンジンはレジン製。
カウリングもレジン。
画像無いですが、エアのエンジンも良い出来ですよ。