上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
swf-4.jpg
ソードフィッシュの胴体には、左右に小窓があります。

swf-5.jpg
当然クリアパーツを取り付けるんですが、
なんとすっかり忘れて胴体を張り合わせてしまい。。。(滝汗)
後で気が付いて真っ青になりました。
何とか機首から細いピンセットでパーツを入れ、
どうにか接着できました。
ピンセットで何度も失敗したせいで、傷だらけになっちゃいましたが、
とりあえず取り付けられて良かったです。

簡単キットで、ちょっと気が抜けてたようです。
いかんいかん。。。

swf-6.jpg
で、塗装目前。

swf-7.jpg
在庫のヒートンが底をついたので量産。
これだけ作っても、何割かは四次元へと旅立ってしまうので、
このぐらいは作っておかないと安心できません。

スポンサーサイト
さて、次のアイテムにいきましょう。
swf-1.jpg
お次ぎはエアのソードフィッシュ。
新金型のニューキットです。
最近のエアは、どんどん素晴らしいキットをリリースしてますね。
いいぞ、もっとやれぃ!

swf-2.jpg
さすがに自国機だけあって、気合いの入り方が違います。
フロートひとつとっても素晴らしい出来映え。
これはもう、タミヤ48を上回っているのではないかと。

swf-3.jpg
早速、コクピットを工作。
素組みでも十分なディテールですよ。
レジンキットやAモデルを製作した後では
組み易いキットの良さが本当に分かりますね。
やっぱり、キットは組み立て易いに越した事はありませんよ。
osp2-1.jpg
94式の完成に続き、仕掛かりだったこちらも完成しました。
あっ、風防取り付けるの忘れてた(汗)
後で付けなきゃ。。。

osp2-2.jpg
オスプレイは2機作ったわけですが、とにかく小物類の出来がアレで。。。
フロートの取り付け支柱とかもアレだし。。。
もう2度と作らないと思います。。。
と言いつつ、Aモデルのキットは他にもあるんですが(笑)

osp2-3.jpg
マーキングは1機目と同じく、モデルデカールからチョイスしました。

osp2-4.jpg
現在、toyさんが同じキットを製作中ですが、私より遥かに素晴らしくなっております(当たり前)。
やはり作る人が作ると凄いですね。
そちらの完成が非常に楽しみです。
94-8.jpg
途中、放置プレイが入りましたが、何とか完成です。

94-9.jpg
色々と至らない点ばかりですが、格好良いので良しとします(笑)
それにしても、レジンキットにはなかなか慣れませんね。。。
常に難しいです。

94-10.jpg
尾翼の白線は太すぎました。。。失敗(滝汗)

94-11.jpg
実機と同じで、張り線するとしっかりするんですよね。
このあたりが、複葉機の面白い点のひとつではないかと。

94-12.jpg
機首上部の排気管は、曲がり角度が変で、そのままでは組めませんでした。
なので基部と曲がり部分を切り離し、基部を取り付けてから
曲がり部分を取り付ける方法で解決しました。

とりあえず、これは静岡に持って行きますです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。