toyさんリクエストがあったので、94式をやります。

94-1.jpg
で、ハセガワのと比べてみました。

94-2.jpg
上。

94-3.jpg
下面。
ハセガワのは古いキットなので仕方ないですが、
胴体が太くて短いんですね。
胴体以外の主翼とかは、変わりなかったです。

94-4.jpg
どこに付く部品なのかと、しばし悩みました。。。
2号水偵用のカウリング周りの部品でした。
1号なので使いませんが、いずれは2号も作りたいですね。

94-5.jpg
まずはコクピットから。
適当に塗装です。何か、適当過ぎる気がしますが。。。(汗)

スポンサーサイト
IMG_0725.jpg
完成しました。
ちっこいけど格好良い水上機ですね。

IMG_0726.jpg
デカールはキット付属のものを使用。
翼端灯は、ゼリー瞬着を盛って再現しました。

IMG_0727.jpg
翼間の張り線は、0.4号のハリスを使いました。
胴体部の張り線を一カ所忘れたのは内緒ですよ(笑)

IMG_0728.jpg
風防は、キット付属の透明板からの切り出しですが、
寸法が分からなかったので適当に。
さらに、うまく切り出せなくて変な形に。。。(汗)

IMG_0729.jpg
フロート支柱は金属に置き換える方が安心だと思いますが、
張り線したらしっかりしました。
これはこれでいいかな、と。

キットには台車も付いてたんですが、
作って載せてみたら盛大に尻餅を。。。(汗)
フロート前部に重りを仕込んだのに足りなかったようです。
台車は後でどうするか考えます。

さて、次の製作を何にするか考え中です。
候補は今のところ
94式水偵(コロジー)
ワピティ(CMR)
シャーク(フロッグ)
の3点。
どれも遅いか早いかだけで、年内に手をつけるのは確実なんですが。



siskin1.jpg
嫁さんがトイレに何かプラモを飾りたい、と言うので
小さくて可愛らしいシスキンを作る事に。
ちなみに、嫁はホーカーハートのような機首が尖った機体は
あまり好きでないそうで(ジェットもあんまり)、これになったのです。
マーキングも派手っぽいし、いいでしょう。

siskin2.jpg
マッチ特有の2色成形です。
こうしてマッチのキットを作るのは、小学生以来かも。。。

siskin3.jpg
95式との比較。
95式も小さいですが、シスキンは小さいですねぇ。
まあ上翼は大きいですが。

ちなみに先ほど嫁に確認したら、
「トイレに飾りたいなんて言ったっけ?」と。。。
( ゚д゚)ポカーン


95-6.jpg
ちゃっちゃと組み立て。

95-9.jpg
でもって塗装。
ぐっと格好良くなりましたねぇ。
この時点で、右上翼の取り付け角度を若干間違えたことが判明。
そのしわ寄せが胴体部の支柱に。。。(汗)
毎回、何かしらの失敗がありますね(反省)。

95-10.jpg
こんなフロート塗装の機体があったようです(那智搭載機)。
でもフロート前部の赤帯は、太すぎになっちゃいました。

95-11.jpg
上翼の風車型発電機は、説明書に取り付け指示がありましたが
部品は箱の中のどこにもありませんでした。。。
なのでプラ棒と真鍮線で自作です。
小さいプロペラパーツは、前作リポンのエッチングパーツの
中にあったものを流用しました。

さて、いよいよ張り線です。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しく御願いします。

今年は複葉機三昧の予定ですよ。
が、エアフィックスから48のジャベリンが出るとか。。。
そうなるとジェットも1〜2機作るかもしれません。

95p.jpg
さて、新年一発目はコレです。
前回予告では、94式偵察機 水上機型でしたが、
実は部品チェックをしたら重要部品がいくつか無いことが判明(汗)
というわけで、そちらの製作は断念し、急遽こちらでいくことに。
日本の水上機では、94式水偵と並んで好きな機体です。
インジェクションキットで出ないかなぁ。。。

95-1.jpg
で、さっそく製作。
コクピットはキットのままで、特に手を入れてません。

95-2.jpg
支柱には全て真鍮線を仕込みました。

95-3.jpg
あっという間に、こんな状態に。

95-4.jpg
わりと早く完成しそうです。
正月休みで作業が捗りますしね(笑)