上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.28 お買い物
ハナンツから届いたのです。
IMG_0547.jpg
シービクセンFAW.1に改造するキットが出ないかなー、と思っていたら
何と出ているではないですか!
というわけで早速ポチりました。アリキャットのコンバージョンキット。
エアフィックスのシービクセンFAW.2をFAW.1にできます。

IMG_0548.jpg
中身。
わりと組みやすそうな感じ。
これはスピットが終わったら製作せねば。
(といいつつ、スピットはもう一機準備中(笑)

IMG_0549.jpg
エデュ、ブラッシンのスパロー。
ファントムを作るときに使う予定。

IMG_0550.jpg
同じくブラッシンのR-73ミサイル。
これはSu-30かMig-29を製作するときに。

あとはペイントマスクとか、エッチングとか、細々したものを購入。


スポンサーサイト
さて、すぴっと祭り第二弾です。
IMG_0528.jpg
スピットファイアF22(Mk.22)です。
FR46/47のキットとほぼ同じ。
FR46と非常に似た機体ですが、違いは二重反転ペラではない、陸上機なので着艦フックがない、といったところが相違点ですかね。

IMG_0542.jpg
前回のFR47を作ったとき、FR46用の組んだ主翼があるので、それを流用。
既に脚庫内も塗ってあるし、作業短縮です(笑)
組むと胴体と主翼に段差ができたので、0.3ミリプラ版を追加。

IMG_0543.jpg
コクピットはシートベルトの追加のみ。
キャノピーを閉じると、他は見えなくなりますからね。

IMG_0544.jpg
主翼を接着すると、隙間が。
ここも0.3ミリプラ版で対処。

IMG_0545.jpg
で、士の字に。

IMG_0546.jpg
マーキングはイーグルストライクのデカールから。
中央のエジプト空軍仕様で。
涼しげなラウンデルがいい感じだったので選んでみました。
それにシルバーのスピットは、あまりないからいいかな、と。

何だかスピットを作る人が多いようで、このような催しが。
すぴっと祭り2012
もちろん参加でございます。

IMG_0534.jpg
シーファイアFR47完成です。

IMG_0535.jpg
ワイバーンやガネットもそうですが、この二重反転ペラには
惹かれるものがありますね。

IMG_0536.jpg
増積された垂直尾翼が目を引きます。

IMG_0540.jpg
デカールが古くて、ちょっと難儀してしまいました。
仕上がりが汚くなってしまった部分が。。。(涙)

IMG_0541.jpg
ディテールアップは、コクピットのシートベルト追加のみ。
細かいところではアレ?というような部分もありますが、
総じて良いキットと言えるでしょう。
もう一機作るなら、今度は主翼折り畳み状態にしてみたいですね。

IMG_0533.jpg
機関砲と排気管部分に汚しを入れてみました。

で、次はスピットファイアF22を製作します。
ぎっくり腰になって、不自由している雪風です。こんばんは。
産まれて初めて、ぎっくり腰になってしまいましたよ。
こんなにいきなりくるものとは。。。
一度やるとクセになるともいうし、困ったものです。

で、シーファイアはというと、こんな具合。
IMG_0522.jpg
排気管に穴を開けてみました。
穴開けると、意外と目に付くもんですね。

IMG_0525.jpg
本体はここまできてます。
白黒ストライプ付きで製作されることが多いですが、
今回はストライプ無しでやってみました。

IMG_0526.jpg
下面。
主脚の取り付けの際、若干削らなくてはいけない部分がありました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。