2012.03.27 色々と製作
零観の後は、いろいろやってます。

IMG_0411-c2.jpg
ちょっと仮組みしてみたキネティックのC-2A。
でかい。。。。完成したら、どこに置けばいいんだろ?(汗)
置き場所を考えると、主翼を折り畳んだ状態にするしか。。。

IMG_0416-th.jpg
完成したら友人のところに行くP-47(タミヤ48)。
銀塗装一歩手前の状態。
飛行姿勢で完成させるので、現在支持棒を探しているところ。
そのため、製作は一旦休止。
何かいいアイテムないかなぁ?

IMG_0414-sv.jpg
というわけで、現在いじっているのがシービクセン(エア48)。
シートはレジン製(ダイナベクターのを製作したときに余分に入手しておいたもの)。ディテールアップはこれだけで、あとはキットのまま製作します。それにしても、インジェクションの48で、シービクセンがお手軽に作れるようになるなんて、良い時代になったものです。これで、エアから48のシミターが出てくれれば。。。でも、今のエアの勢いだと、それぐらいやってくれそうな気がします。あと、ガネットAEWも欲しいところ。。。
スポンサーサイト
ソードフィッシュの後に、水上機つながりで零観を製作。
ハセガワ48の前期型です。

IMG_0410rk.jpg
零観は日本機の中では、飛燕と並んで最も好きな機種。
複葉機なのに、洗練されたスタイルが何とも格好良いのです。

IMG_0409-rk.jpg
ソードフィッシュ同様、こちらもエッチング張線セットを使用。
今回は割りとうまくいきました。
明灰白色の零観というのも、また新鮮な感じがしますね。
私にしては珍しく日本機が続いたところで、蛇の目に回帰。
ご存知、タミヤのソードフィッシュ水上機型。

IMG_0406-swf.jpg
水上機型のマーキングというと、キット付属のものがあまりにも有名。
でも、派手なマーキングにしてみたかったので、陸上機のマーキングからチョイス。
こういうのもアリでしょう。

IMG_0407-swf.jpg
張り線は、別売りのエッチング張線セットを使用。
やや手こずりましたが、何とか完成。
水上機型は好きなので、また違ったマーキングで作ってみたいもんです。
ちなみに、これは今年の2月に完成。


2012.03.24 鍾馗
飛燕の次は鍾馗(ハセガワ48)を製作。
ちなみに飛燕もハセガワ48です。

IMG_0402-sh.jpg
今年1月に完成。
2機同時進行でした。

IMG_0403sh.jpg
鍾馗も好きな機種ですね。
40mm砲装備のキットも在庫があるので、いずれ製作します。

鍾馗と同時にP-51(タスキギーエアメン仕様)も製作しましたが、それは友人のところに旅立ってます(画像撮っておけばよかった。。。)
2012.03.23 飛燕
ほぼ1年振りの更新。
更新はしませんでしたが、製作はしてました。

IMG_0399-hi.jpg
製作再開1作目は飛燕。
飛燕は、日本機の中では一番好みの機種。
スマートな感じが、とても良いのです。

IMG_0401-hi.jpg
昨年9月に完成。
非常に大きな間違いがあるわけですが。。。(汗)

IMG_0400-hi.jpg
昨年11月に完成。
このマーキング(電光)は、かなり好き。
どちらも、キットそのまま。
なんのディテールアップもしてません。