上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主翼が終わったので胴体に着手。
rafale-7.jpg
キットの胴体後部。こんな感じ。

rafale-8.jpg
アフターパーツのチャフ・フレアディスペンサーを組み込みます。

rafale-9.jpg
機首は、キットでは右のパーツが付きますが
左のようにスムースなスタイルの機首に。
スポンサーサイト
とりあえず、次なる製作モノはコレ。
rafale-1.jpg
レベルの傑作1/48キットです。
ユーロファイターに比べると人気がいまひとつなようですが
私は好きな機体です。
海軍好きなので、もちろん空母搭載のラファールMをチョイス。

rafale-2.jpg
で、私にしては珍しく、アフターパーツを色々と買ってみました。
ウルフパックのものです。
これは前縁スラットなど。

rafale-3.jpg
こちらはレドームや翼端ランチャーなど。
試作機ではなく、量産型にするためのパーツです。

rafale-4.jpg
まず主翼から組み込んでみました。
指定通りにキットの主翼を切り欠いて、パーツをフィットさせます。
フィッティングは、かなり良いですよ。

rafale-5.jpg
裏側。
翼端は削り過ぎたため、プラ板で補修してあります。

rafale-6.jpg
キットのままの主翼と比較。
ランチャー部分は簡素化されてますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。