上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2機完成です。
IMG_1274.jpg
こちらはエア。
マーキングはキット付属のものを使いました。

IMG_1275.jpg
基本的に組み易かったですが、カウリングが分割されていて、そこが少々やりにくい感じでしたね。

IMG_1276.jpg
すり合わせさえしっかりやれば、まったく問題無しです。

IMG_1277.jpg

IMG_1278.jpg
こちらはスウォード。
マーキングは Model Alliance の Wing of Silver Pt2 よりチョイス。

IMG_1279.jpg


IMG_1280.jpg

IMG_1281.jpg

IMG_1282.jpg
機首の比較。
右スウォード、左エア。
エアのカウリングのイボは、実機通りの感じ。
スウォードのはイボがはっきりしてますが、これはこれで良いかと。
機首のラインも違ってますね。

IMG_1284.jpg
2機の比較で気になったのが。。。

IMG_1285.jpg
コクピットと上翼の関係。
エアのは適度な間隔。

IMG_1286.jpg
スウォードのは、上翼がコクピットに近過ぎ。
まあ気になったのはそのぐらい。

どちらも良いと思いますが、やっぱり組み易さでは断然エアですね。
もちろん、ディテールも良いですし。
でも、スウォードのも悪くないと思います。
むしろ簡易にしては、上出来ではないかと。
スポンサーサイト
グラディエーターの続きです。
既に完成してるんですが、記事のアップが遅れてます。。。
ちょっとゲームにハマってましてね(汗)
ちなみに、艦これ ではないです。

IMG_1251.jpg
エアのプロペラ。
取り付け部の軸がどうもよくなかったので、ジャンクパーツから適当な丸棒を挿しました。

IMG_1252.jpg
エアのタイヤ。
ちょっと角張っている感じだったので、ヤスって丸めました。
画像は丸めた後です。

IMG_1253.jpg
スウォードのタイヤ。なかなか良い感じ。

IMG_1256.jpg
スウォードのパーツ。
機首に取り付ける放熱板?か何か。
これがキャノピーや支柱に干渉するので、周りを切り飛ばして少し小さくしました。

IMG_1260.jpg
でもって張り線。これはエアのやつ。

IMG_1266.jpg
エアの翼下機銃のパーツ。
このままだと、銃身が若干主翼と干渉します。
銃身の出方もおかしいので、一旦切り離し。

IMG_1268.jpg
銃身位置を少し下に下げました。

IMG_1269.jpg
キャノピー比較。
右がスウォード、左がエアです。

次回は完成編ですね。

g-13.jpg
エアは、胴体前部はパネルライン分割で、合わせ目ができない設計。
まるでガンプラのような親切さ。
胴体支柱が一緒に組み込めるのもGOOD!
これだけで随分と作り易くなります。
複葉機入門にぴったりではないかと。

g-12.jpg
キャノピーがちょっとキツかったので、キャノピー前部をヤスって調整。

g-14.jpg
スウォードの方は、胴体と下翼に隙間ができたので、プラ板を挟んで隙間埋め。

IMG_1248.jpg
銀塗装後、支柱組み込み。
今回は支柱の長さは足りているようで、ホッと一息。

IMG_1249.jpg
エアも銀塗装。
羽布と金属部分で銀を変えたのに、全く同じに見えるという失敗(汗)

IMG_1250.jpg
ちょっと比較。
スウォードの方が主脚柱が長いですね。。。
どちらが正しいんでしょうね?


g-0.jpg
エアの最新キットのグラディエーターを作るのですが、
ついでなのでスウォードのキットも一緒に作ってみることにしました。

g-5.jpg
メーターパネル。
エアはメーターのモールドは無く、デカール表現。
楽でいいです(笑)
もっとも、キャノピー閉めるとほとんど見えませんが。

g-6.jpg
スウォードの方は、オーソドックス。
まあ十分かと。

g-7.jpg
エアの主翼。
さすがに繊細なモールドで素晴らしいです。
張り線用の穴まであります。これはいいですね。

g-8.jpg
スウォードの主翼。
こちらも十分に良い感じと言えるのでは。

g-11.jpg
エアの説明書には、張り線の指示が。
これは非常に助かります。
これを参考に、スウォードのも張り線します。

g-9.jpg
エアは排気管の穴も、ちゃんと開いてます。

g-10.jpg
でも翼下機銃はやや残念。
こちらはスウォードの方が出来はいいです。
銃身もレジンのが付いてますし。

g-15.jpg
スウォードのエンジンはレジン製。
カウリングもレジン。
画像無いですが、エアのエンジンも良い出来ですよ。

siskin1.jpg
嫁さんがトイレに何かプラモを飾りたい、と言うので
小さくて可愛らしいシスキンを作る事に。
ちなみに、嫁はホーカーハートのような機首が尖った機体は
あまり好きでないそうで(ジェットもあんまり)、これになったのです。
マーキングも派手っぽいし、いいでしょう。

siskin2.jpg
マッチ特有の2色成形です。
こうしてマッチのキットを作るのは、小学生以来かも。。。

siskin3.jpg
95式との比較。
95式も小さいですが、シスキンは小さいですねぇ。
まあ上翼は大きいですが。

ちなみに先ほど嫁に確認したら、
「トイレに飾りたいなんて言ったっけ?」と。。。
( ゚д゚)ポカーン


IMG_0592.jpg
完成間際、キャノピーを接着したら。。。(大汗)

IMG_0598.jpg
慎重に接着されたキャノピーを剥がして清掃。
現在は接着せずに、乗せただけにしてあります(笑)

IMG_0599.jpg
というわけで完成しました。
塗装は普通にダークアースとミドルストーン。
下面のエイザーブルーだけは特色セットのを使いました。
特色セットにはダークアースもあるのですが、
個人的に通常製品のダークアースが好きなもので。

IMG_0600.jpg
クレオスのウェザリングパステルで埃まみれにしてやりました(笑)
砂漠での使用ということでやってみましたが、あんまり分からないですね。。。

IMG_0602.jpg
下面。こんな感じです。
機銃の汚れは、タミヤのウェザリングマスターを使いました。

IMG_0559.jpg
というわけで、すぴっと祭り第3弾です。
タミヤのMk.Vb TROP. 1/48をチョイス。

IMG_0569.jpg
天下のタミヤのキットです。
全くストレスなく、サクサクと製作。

IMG_0571.jpg
胴体と主翼のフィッティングなんて、この通り。
一分の隙もありませぬ。

IMG_0573.jpg
エデュアルドのカラーエッチングを使用。

IMG_0574.jpg
こんな感じで。

IMG_0576.jpg
で、いきなりこの状態まで飛びます(笑)
製作で、特筆すべきことが無いもので。。。
それに、順調に進むと画像撮り忘れるんですよね(汗)
何の参考にもならないブログで申し訳ない。。。。

IMG_0577.jpg
カリカリとチッピングで銀剥がし。
こんな感じでいいんかな。
これから粉系で汚そうかと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。