上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1822.jpg
削り終わって、とりあえず仮組み。
この時点で既に格好良いですねぇ(笑)

IMG_1829.jpg
シートは、今回エアのシービクセンからチョイス。
左はキット付属のメタル製シート。
エアのシービクセンからは、他にも増槽やデカールなどを流用します。

IMG_1828.jpg
コクピット。
メタル製シートのための出っ張りがありますが、

IMG_1830.jpg
出っ張りは切り飛ばして、プラ板で埋めます。

IMG_1837.jpg
機体下面の機関砲部。
エバーグリーンのプラパイプを埋め込んで整形。
4門ある機関砲口のうち、内側の2門は埋めます(機関砲2門だけにした機体が結構あるようなので)。

IMG_1838.jpg
胴体上面のエアインレットを開口。
プラ板で裏打ちします。

IMG_1836.jpg
着艦フック収納部をデッチアップ。
資料を見つつ、雰囲気で(笑)
スポンサーサイト
明けましておめでとうございます。
今年も宜しく御願い致します。

新年第一作目は、ダイナのシミターです。
超久々のバQキットでございます。
IMG_1817.jpg
よくできたキットなので、バQ入門には最適。
値段がお高いのがネックですが。。。

IMG_1818.jpg
箱を開けてみると、お手付きです。
やろうとしてたんですね。いつ手を付けたのか覚えてません(汗)
胴体に補強が入ってますね。バQは補強をしないと大変なコトになりますから。

IMG_1819.jpg
用意した資料は、この2つ。後はネットで検索です。

IMG_1812.jpg
バQといったらパーツの削り出しが第一のお仕事になります。
うちでは角材にペーパーを貼付けて使用します。
黒いのが120番。グレーが400番。この2種類。

IMG_1813.jpg
太陽に透かしたパーツ。
パーツはフチの部分を2ミリほど残して切り出します。
でもって、120番でガシガシ削ります。
ものすごく削り粉が出て、粉塵爆発する可能性が高いので注意(嘘)

IMG_1814.jpg
削り進めると、このように余白が薄くなってきます。
このあたりで400番に切り替えて、仕上げに入ります。

IMG_1816.jpg
400番で削り進めると、このように余白が切れてきます。

IMG_1820.jpg
こうなったら削りは完了です。
このシミターのキットで、全部のパーツを削り出すのに、かなり慎重にやったとしても、一日あれば余裕で削り出しは終わります。削りに慣れてしまえば半日で終了も可能でしょう。ただ、削り粉が結構出てしまうのが難点ですね。私はいつも屋外で削ってます。室内で削る際は、ゴミ箱を抱えて削ると良いかも(笑)
IMG_1802.jpg
こちらも完成しております。

IMG_1800.jpg
ファントムに比べると、吊るしモノは可愛いもんです。
FJ-4Bなら、ブルパップとか吊るすんですけどね。

IMG_1801.jpg
右主翼のピトー管は、ファインモールドのセイバー用を流用。
キットのはあまりにも太くて、使う気になりませんでした。

IMG_1805.jpg
セイバーとの比較。

IMG_1806.jpg
フューリーは主脚間が広くなっていたり、全脚が長かったり、
セイバーとは似て非なる感じですね。

IMG_1807.jpg
やっぱオールドジェットは格好良いですわ〜。

で、ホーネットなんですが、士の字にしたのはいいんですが、そこで何かコレじゃない感が湧いてしまい。。。そのまま箱にしまってしまいました(汗)。またホーネットに対してテンションが上がったら再開しようと思います。てことで、次回からシミター開始です。
FBの方にはUPしましたが、改めて。。。完成です。
IMG_1788.jpg

IMG_1795.jpg

IMG_1796.jpg
この角度が一番好きだったり。

IMG_1797.jpg

IMG_1798.jpg
垂直尾翼のピトー管は、ファインモールドの真鍮製のに替えてあります。

IMG_1794.jpg
やっぱ満載ですよ。満載!

IMG_1799.jpg

さー、ちゃっちゃとホーネット終わらせますかね。
既に完成してるんですが、記事が追いついてません(汗)
IMG_1773.jpg
デカール貼って、こんな感じ。
やっぱりファントムには派手なマーキングが似合います。

IMG_1777.jpg
吊るしモノ好きなので、色々と。
どれもエデュアルドブラッシンのやつです。
AIM-9Bは、フューリーの方に搭載します(前回のF-86のときに余ってたもの)。

IMG_1785.jpg
こちらはクラスター爆弾。
キネティックのプラウラーを買ったら、中に武装ランナーが入ってました。
同社のイントルーダーのランナーと共通なんでしょう。
せっかくなので使いました。
MER(マルチプルエジェクターラック)も付属してたのでそれも。
これで兵装満載にできます。
個人的には、ファントムのパイロンを余らせるなど言語道断(笑)
なので、増槽だろうが何だろうが、いつも満載にさせるのであります。
IMG_1755.jpg右がキットのノズル。左がエデュアルドのノズル。
さすがにキットのを使う気にはならないですね。
キットも古いですし、アカデミーのが出た今となっては、ハセの48ファントムはお払い箱かも。。。

IMG_1762.jpg
エデュのノズルパーツには、良い出来の着艦フックもセットされてますので、これに取り替えます。

IMG_1760.jpg
細かいところですが、垂直尾翼の赤いライトは透明ランナーを使って透明化しました。でも尾翼は赤く塗装しちゃうので目立たないかも。

IMG_1767.jpg
マスキングしつつ塗装。

IMG_1770.jpg
使うデカールは、こちら。
尾翼の赤いレッドデビルズのマーキングです。
でもこのマーキング、博物館に収容されている機体のマーキングで、コーション類が可動機と違っていたり、省略されてたりするんですよね。運用中な感じで作りたいので、コーション類はハセのデカールから色々チョイスすることにします。
すっかりブログさぼっちゃいました(汗)
一応、順調に進んでいます。

IMG_1757.jpg
胴体中央にあるインテーク。
キットのままのパーツは、後方のエッジがきつすぎだったので、ヤスって丸めました。
インテークリップも薄めに加工。

IMG_1765.jpg
で、塗装。
上面はグレーFS16440で。下面はホワイトFS17875。

IMG_1774.jpg
現在はこのあたりまで。
デカールはコーション類がほとんど無いので、ジャンクデカール(主にセイバーとファントム)から色々みつくろって貼ってあります。

それにしても、フューリー、ファントム、ホーネットの3機を同時に始めたのに、ホーネットだけがちっとも進んでません。48の異機種3機同時進行は、さすがに無理がありましたね。。。フューリーとファントムが終わってから、ホーネットをやりましょう。そして、ホーネットが終わったら、来年の静岡に向けたアイテムをやるつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。